もう失敗しない!?ARTICTION(アーティクション)なら信用ブラックでも大丈夫!

もう失敗しない!?ARTICTION(アーティクション)なら信用ブラックでも大丈夫!

どうしても現金が必要な時ってありますよね?

前ページで紹介したSmartツケ払いを使えば、短時間で現金を用意することができますが…

手持ちの駒が多いに越したことはありません。

つまり、ツケ払いによって現金化できるサービスをいくつか知っておこう、ということなんですね。

そして本ページで紹介するARTICTION(アーティクション)もまた、おすすめのツケ払いサービスで、自分もよくお世話になっています。

どういった所がおすすめなのか、興味ある方はぜひ読んでいってくださいね。

アーティクションHP

ARTICTION(アーティクション)の仕組みについて

ARTICTION(アーティクション)の仕組みについて

平たく言ってしまえば、ARTICTION(アーティクション)は現代アートの販売業者になりますが、Smartツケ払いと同じくDS制度を取り入れています。

DS制度について簡単におさらいすると、商品を買ってレビュー投稿することで、現金報酬が受け取れる仕組みでしたね。

では、現金化する流れや販売している商品など、順に解説していきたいと思います。

詐欺とか違法じゃない?ツケ払いについて

いきなり本題に入る前に、みなさんに安心材料を1つ提供したいと思います。

ツケ払いによる現金化って、世間ではまだマイナーな存在で、ちょっとだけアンダーグラウンドなイメージがありますよね。

もしかしたら違法な現金化方法なのでは、と心配される方もおられるでしょう。

しかしご安心ください。

ツケ払いによる現金化は、全く違法ではなく、何かの法律に抵触しているわけでもありません。

そもそも、仕組み自体がクレジットカードと酷似していますよね。

むしろ最近では、キャッシュレスの動きが盛んになり、カードを用いたツケ払いが推奨されつつあります。

一方で、ツケ払いと似た仕組みを持つ、給与ファクタリングは要注意です。

給与ファクタリングは、給与を担保に貸付を行うことですが、その手数料の高さがしばしば話題に上がります。

例えば、今から10万お渡しするので、来月の給与が入ったら20万円にして返済ください、と言った感じです。

手数料は40〜50%が相場みたいなので、下手したら給与が半分になってしまいますね。

過去の裁判で違法判決が出されたこともあり、業者が摘発される恐れもあるので、利用しない方が賢明でしょう。

ARTICTION(アーティクション)で現金化する流れ

ARTICTION(アーティクション)で現金化するための、具体的な流れについて説明します。

とはいっても、特にやることは多くありません。

公式ページから、ツケ払いで商品購入の申請を行い、商品が届いたらレビューを投稿するだけです。

念のため紹介すると、細かく分けたステップは以下の通りになります。

1.商品購入のお申し込み

2.ツケ払いの利用審査(待つだけ)

3.審査結果のご報告

4.購入契約書に署名

5.商品の受け渡し(待つだけ)

6.レビュー投稿

7.現金報酬受け取り(待つだけ)

この合間に審査を待つ時間や、振込を待つ時間が含まれますので、もろもろ含めて着金まで最低1時間は要するみたいです。

商品の販売料金と報酬金額について

ARTICTION(アーティクション)で選べる商品は、次の二点になります。

商品A:ヒューマンフラワー

画像の文言

商品B:フォーチュンルースター

画像の文言

どちらの商品も販売料金は5万円で、受け取れる報酬金額は3万円なのですが、ここで注意が必要です!

申請するときは、絶対にDS制度を「利用する」にチェックを入れてください。

画像の文言

これを怠ると、ただ単に現代アートを5万円で買っちゃった、ということになりますので(笑)

絶対に忘れないようチェックしておきましょう!

運営会社・営業日・営業時間に関して

ARTICTION(アーティクション)の運営は、株式会社anomalyによって行われています。

公式ページに会社情報や連絡先を公開している以上、詐欺や怪しいビジネスである可能性は極めて低いと思いますが、気になる方は問い合わせてみるのがいいと思います。

スタッフも優しく丁寧に教えてくださるので、安心して利用するとこができるはずですよ!

参考までに、会社情報については以下の通りになります。

運営会社:株式会社anomaly

代表者:鬼頭 乃亜

所在地:北海道札幌市豊平区平岸1条3-2-39エクセレント平岸407

申請先:公式ページより

電話番号:011-212-1692

営業時間:10:00〜20:00

定休日:年末年始

電話番号:011-212-1692

アーティクションHP

ARTICTION(アーティクション)の特徴まとめ

ARTICTION(アーティクション)の特徴まとめ

ARTICTION(アーティクション)の特徴について、私の体験談をベースに紹介したいと思います。

結論だけを言ってしまえば、ツケ払いサービスに興味あるけど、どこを使えばいいのかわからない…

といった初心者の方は、ARTICTION(アーティクション)を選んで間違いありません!

土日も営業!審査が早いことで評判

ツケ払いサービスを申込むほどお金に困っている時は、例外なくピンチだと思います。

・家賃や電気代が払えていない

・今晩の飲み会、合コンの持ち合わせがない

・結婚式に参加することになったが、手持ちがない

などなど、理由はそれぞれあると思います。

この状況で共通しているのは、おそらく1秒でも早く現金をゲットして、急場をしのぎたい&安心したい、と心の中で焦っていることです。

そんな状況の中、審査が早いというのは、どれほどありがたいことか。

ARTICTION(アーティクション)であれば、最短15分で審査が完了してしまうのです。

審査が終わればすぐに振り込まれれ、早い人であれば申請から着金までたった1時間

この早さなら、どんな状況でも対応することができますね!

秘密厳守!在籍確認なし!

(お金の秘密は誰にも知られたくない…。)

(お金にだらしない人だと思われたくない…。)

ARTICTION(アーティクション)は、そんなあなたの味方です!

秘密を守るだけでなく、会社等の所属先にも在籍確認を行わない徹底っぷり。

一方で消費者金融であれば、基本的に所属先に在籍確認の電話が入るはずです。

「もしもし〇〇さん、いますか?私、〜と申しますが。」

この際、極力相手に消費者金融からの電話だとバレないように、個人名を名乗ったり、軽くフィルターをかけてくれるのですが、勘のいい人にはバレているでしょう。

私もその手の電話を対応したことがありますが、怪しさが半端ないのです(笑)

絶対に自分の秘密を漏らさず現金化したい!

という方は、このメリットがとても魅力的に感じるのではないでしょうか。

信用ブラックでも審査落ちしない!

信用ブラックの辛さは、経験しなければ分からないと思います(泣)

どこを頼ろうにも借入できず、催促の電話や、支払い明細書が送られてくるだけの日々。

できることなら、みなさんには経験して欲しくはありません。

しかし信用ブラックになってしまったものは、もうしょうがないこと。

大事なのは、どうやって状況を打破するか。

ARTICTION(アーティクション)の良いところは、そんな八方ふさがりな状況でも、手を差し伸べてくれることです。

どんなに追い詰められていても、チャンスを与えてくれるとでも言いましょうか。

収入の見込みさえあれば、どんな方でも利用することができ、数十分後には現金で3万円が手に入るのです。

その3万円を握りしめたのなら、もう頑張る他ありません。

来月の支払い期日に困らないよう、精一杯稼ぎましょう(笑)

支払い方法が簡単!

代金所支払い方法は、最長1か月先!

その定められた日に銀行振り込みで支払いをするだけです。

街のまちらこちらに今は銀行やATMがありますし、コンビニにもATMがあるので助かりますよね。

アーティクションHP

それって怪しい詐欺なのかも?ツケ払いで失敗しない方法とは

それって怪しい詐欺なのかも?ツケ払いで失敗しない方法とは

ARTICTION(アーティクション)の概要について、だいたいお分かりいただけたでしょうか。

もうご存知かも知れませんが、ツケ払い事業者は、ARTICTION(アーティクション)の他にもいくつか存在します。

時には多くの資金を調達するために、何件か併用して利用される方もおられるかも知れませんね。

ここからまとめる内容は、そういった方々に向けて「失敗しないための方法」です。

極力ありきたりなことを書かず「経験者ならではの内容」を書こうと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

運営会社を確認する

ツケ払いを利用するにあたって、販売価格や報酬金額を確認するのは当然だと思います。

運営会社まで確認している方がどれくらい居るでしょうか?

というのも、よく確認せず目先の現金報酬に飛びついて、ツケ払いを利用するのはリスクが伴うからです。

実を言うと、ツケ払いのサービスは最近になって始まったものであり、以前までは存在しませんでした。

上で少し紹介した給与ファクタリングが法律的にグレーになったので、その代用として生まれたのがツケ払いというわけなんですね。

そして皆さんも聞いたことあるかも知れませんが、詐欺師というは、例外なく新しいビジネスやサービスが大好きです。

儲け話を常に探していて、隙あらばあなたの大事なお金を奪い去っていきます。

その手法は実に鮮やかで、素人では騙されていることにすら気づけません。

私も以前、詐欺に近いような感じでお金を使わされた経験がありますが、あまりに見事すぎて、さすがプロだなと感心した覚えがあります。

そこから我に返って、返金を申し立てようとしたのですが、その時になってから気づいたのです。

連絡先、所属、肩書き、などなど相手の個人情報を一切持っていないことに。

そうなれば、打つ手なしです。泣き寝入りするしかありません。

なので、これをお読みになった皆さんも、何か新しいサービスを利用するときは相手の会社情報を抑えてください。

特に連絡先が載っていれば安心できると思います。

お金の価値を知る

(ハイハイお金は大事なんでしょ?だから大事に使おうねって話でしょ?)

そういった認識がある方、ある意味でラッキーです!

なぜならこれからお伝えする話は、あなたのお金の価値観を揺さぶるものになるからです。

確かに、お金は大事です。考えて使うことも重要でしょう。

しかしお金の価値は、常に変化していることをご存知でしょうか?

日本ではその傾向が如実に現れてはいませんが、世界ではこれが一般常識です。

例えばアルゼンチンの労働者は、給料をもらったその日に、アルゼンチンペソを米ドルに両替します。

なぜならアルゼンチンペソは一年経てば、半分の価値になるからです。

10アルゼンチンペソで買えた水が、翌年は20アルゼンチンペソを払わないと買えないというわけなんですね。

日本においても、ジリジリとお金の価値は減ってきています。

少し前と比べて、確実に物価が上がっているとは思いませんか?

以前は、マックのハンバーガーが60円で買えてた時代もありました。

話をARTICTION(アーティクション)に戻して考えると、30000円を受け取って、来月には50000円を支払うことになると思います。

さすがに、1ヶ月で30000円が50000円まで価値が落ちることはありえません。

ですが、あなたの場合はどうでしょうか?

来月の50000円よりも、目の前の30000円の方が、価値が高い瞬間があるのではないでしょうか?

私はそのチャンスを逃したゆえに、前の彼女と別れることになりました。

あの時、彼女に誕生日プレゼントを買える余裕があれば、また違った未来を歩んでいたのかも知れません。

あなたも今一度、お金の価値観について考えてみてください。

「お金は使うべき時に使う!」

このマインドを持って、私と同じような後悔をしないことを願っています。

評判や悪評に悪い口コミを過信しすぎない

(うわぁ…これめっちゃ低評価多いなぁ…)

Youtubeを見ていると、たまにすごく低評価ボタンが押されている動画がありますよね。

でも実際内容を見てみれば、意外と面白かったりするんですよね。

何が言いたいのかというと、周りの意見を鵜呑みにしないでください、ということです。

そのサービスの良し悪しは、あなたの体験からしか判断することはできません。

何の責任も持っていない外野の意見に、過度に耳を傾ける必要は無いのです。

(参考にする分には構いませんが。)

また考えて欲しいものがもう一つ。

YouTubeの動画にしたって、ARTICTION(アーティクション)にしたって、あなたが興味を持ったから、そのページに辿り着いているのです。

その興味に嘘偽りはなく、他人が付け入る隙はありません。

自分に向いていそうだ「合っていそうだ」「人生を好転させてくれそうだ」そんなサービスに出会ったら迷わず挑戦してみてください。

あっ!もちろん、ある程度の事前調査は済ませた前提ですよ!

アーティクションHP

失敗は悪いことばかりではない

失敗は悪いことばかりではない

本記事では、ARTICTION(アーティクション)の仕組みや、ツケ払いで失敗しないための考え方についてお話ししてきました。

特に後半は熱が入ってしまい、つい長々と語ってしまったわけですが…

この考えが全てというわけではありません。

記事中でも申し上げた通り、あくまで私の場合の話ですし、あなた自身が体験してから判断して欲しいと思います。

また必ずしも失敗は悪いことばかりではありません。

私がここまで「ツケ払い」に関してあれこれと説明できるのは、やはり過去に色々と失敗して学べたからこそです。

その経験があったからこそ、ARTICTION(アーティクション)の良さが分かりますし、逆に怪しい案件も分かるようになりました。

みなさんも、失敗を恐れずに挑戦してみてください。

それを成功につなげるか、失敗に終わらすか、全てはあなたの行動次第ですよ!

アーティクションHP
TOPページを見る