Smartツケ払い以外の現金化の方法やデメリットは?

Smartツケ払い以外の現金化の方法やデメリットは?

Smartツケ払いが安全に現金化できるというのはすでにお分かりいただけていると思いますが、Smartツケ払い以外にどのような現金化の方法があるのでしょうか?

他の現金化の方法と比較することで安全性もより明確になると思いますので、今回はSmartツケ払い以外の現金化について考えてみたいと思います。

Smartツケ払い公式サイトへ

クレジットカードの現金化

インターネットで現金化について調べているとよく目にするのがクレジットカードの現金化ではないでしょうか?先にお伝えしますと、クレジットカード会社はこの行為を規約で禁止しています。

法律的には違法で無くても、会社から禁止されている行為だということをまず理解する必要があると思います。

ショッピングで買ったものを売って現金化

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠というものがありますが、換金目的でショッピングをしてそれを販売することで現金を手元に残す方法です。

本来の目的ではない方法でクレジットカードを利用しているでリスクがあることは分かりますよね。クレジットカードを解約になるだけでは無く、破産法とう法律に違反する可能性もあり、自己破産ができなくなってしまうケースもあるようです。

後払いシステムを利用して現金化

ショッピングサイトで後払いで商品を購入し、それを転売して現金化する方法というのもあります。しかしこの方法も様々なデメリットやリスクが伴います。

商品の到着を待つ必要がある

商品が届いてからではないと、転売ができないため、現金化で大事になってくるスピードが無い方法になります。Smartツケ払いのように即日で現金が欲しいのに、何日も待つのは大きなデメリットだと言えます。

転売するリスクが伴う

商品を転売してもどのぐらいの現金になるのか?ちゃんと売れるのか?といった心配に加え、また梱包や発送の手続きも自分で行わなくてはいけません。

しっかりとした商品の知識を持った上で転売を行うのであれば良いかもしれませんが、すぐに現金化したい人はそんな余裕が無い人がほとんどだと思います。

給料ファクタリングについては既に法的にグレーゾーンな部分があるとお伝えしていますし、この他にも現金化の方法はあると思いますが、やはり金融ブラックで安全に現金化する方法はSmartツケ払いが1番だと感じました。

皆さんにもSmartツケ払いが安全で利用しやすいサービスということを理解していただけたと思います。

Smartツケ払い公式サイトへ TOPページを見る